文学と風俗の思い出

町田ってところはオシャレなような田舎なような不思議な土地です。奇麗なお店が立ち並んだかと思えば、ヤンキーもいるし、変な町って思ってないですか。
町田は実は、有名な文学小説家のゆかりの土地で、原町田には市民文学館なる建物があるんです。そこでは遠藤何某氏や八木何某氏などの文学者の資料が保存されているのです。
僕も大学時代は文学を専攻していたので何度か訪れたことがあります。自筆の原稿などが見られて、論文やレポートのネタによくしていました。
町田へは大学を卒業した今でも頻繁に行くんですが、目的は文学とは関係なくて……。実は風俗へ行ってるんです。
文学館に通っていた大学時代、町田の風俗に興味本位で入ってからというもの、すっかりハマってしまいまして。
最初に僕の相手をしてくれた子が可愛くてかわいくて、ほぼ恋をしてしまっていました。人形のような愛らしい目とおとなしい性格をしていて、その姿に完全に惚れこんでしまったのでした。
その子はもうやめてしまったけど、風俗の楽しみを教えてくれたその店にずっと通い続けているんです。

お勧めの町田風俗はこちらから探せます